BPAC Bowling Proprietors Association of Chiba

ホーム > ボウリング探検隊 > ボウリング機械のクエスチョン

ボウリング探検隊 Tankentai

ボウリング探検隊 Tankentai
千葉県ボウリング場協会が紙面として発行していた『BPACニュース』の人気コーナー『ボウリング探検隊』をWEB版として、第1回から順に毎月更新していきます。
ボウリング探検隊は、ボウリングに関する素朴な疑問や質問、裏方さんの仕事ぶりなどのあれこれを一味違った視点で「探検」します。
ボウリング探検隊

ボウリング探検隊 Vo.2 ボウリング機械のクエスチョン

今回はボウラーの行く手にでーんと立ち、投げたボールを手元に返したり、ピンを瞬時に セットするあの機械を探検しま〜す♪

Q.機械の正式名称は?
A.オートマチックピンセッター(AP)といいます。メーカによってしくみや形はさまざまですが、重さは約1トンあります。
Q.ピンは、1台の機械に何本用意されているでしょうか?
A.10本?、20本?・・・実は通常21本入れられています。これはストライクが出たときにすぐセットできるようにする為です。
Q.機械の部品は、いくつ位あるのでしょうか?
A.その数なんと、約1400種類4800個も使われています。ビックリですね!
【ピンセッターの一例】 機械裏をのぞいてみましょう!
ボウリング探検隊 Tankentai