BPAC Bowling Proprietors Association of Chiba

ホーム > ボウリング探検隊 > ボウリングシューズを探検

ボウリング探検隊 Tankentai

ボウリング探検隊 Tankentai
千葉県ボウリング場協会が紙面として発行していた『BPACニュース』の人気コーナー『ボウリング探検隊』をWEB版として、第1回から順に毎月更新していきます。
ボウリング探検隊は、ボウリングに関する素朴な疑問や質問、裏方さんの仕事ぶりなどのあれこれを一味違った視点で「探検」します。
ボウリング探検隊

ボウリング探検隊 Vo.6 ボウリングシューズを探検

第6回目は、ボウリングシューズを探検しま~す♪

ボウリング専用シューズ
ボウリングをする時には、ボウリング専用の靴が必要です。投球時の安定やアプローチ保護の為に専用のシューズは必要不可欠です。
ボウリングの靴には、ハウスシューズとマイシューズがあります。
ボウリング場で借りる靴をハウスシューズ、個人で持っている自分専用の靴をマイシューズと呼びます。

ハウスシューズとマイシューズの違い
ハウスシューズは右投げと左投げが兼用されています。「マジックテープ止め」か「ホック止め」が一般的で、靴底は左右ともに同じ革製です。
マイシューズは右投げ用と左投げ用があり、軸足(右投げの場合は左足が軸足)の靴底が革製で、けり足(軸足の反対)の底はゴムになっています。

ハウスシューズ

マイシューズ

マイシューズの中には、アプローチの状況によって靴底部分を張り替えられる製品も多くなってきました。さらに高級なシューズになるとかかと部分の高低が換えられるものもあります。シューズも工夫が重ねられ進歩しています。

マイシューズ

マイシューズの利点はまずは衛生的なところです。そして最大の利点は投球時にスライド(最後の一歩ですべりながら)して、リリース(ボールが手から離れる瞬間)でしっかり止まれるということです。
スコアアップの為の道具選びはマイボールが注目されがちですが、安定した動作で毎回同じように投げるにはマイシューズが必要です。
これを機にご自分に合ったマイシューズを持たれてはいかがでしょうか?


次回は1月5日更新予定
【初心者レッスン編①】を予定しています。お楽しみに♪

ボウリング探検隊 Tankentai