BPAC Bowling Proprietors Association of Chiba

ホーム > ボウリング探検隊 > 初心者レッスン編①

ボウリング探検隊 Tankentai

ボウリング探検隊 Tankentai
千葉県ボウリング場協会が紙面として発行していた『BPACニュース』の人気コーナー『ボウリング探検隊』をWEB版として、第1回から順に毎月更新していきます。
ボウリング探検隊は、ボウリングに関する素朴な疑問や質問、裏方さんの仕事ぶりなどのあれこれを一味違った視点で「探検」します。
ボウリング探検隊

ボウリング探検隊 Vo.7 初心者レッスン編①

第7回目は初心者レッスン編①として、ボールの選び方をレクチャーします♪

今回から4回にわたり、ボウリングの基礎を学んでいきましょう。
まずは、ボールの選び方です。

●ボウリングボールの重さの単位はポンドで表示されます。

●ハウスボールには、ポンド表示とは別に小さなアルファベットや数字が刻まれている事が多いです。これは「整理番号」です。隣のレーンで知らない人がプレイする場合に、同じ重さのボールだと間違えてしまう事がありますので、区別しやすいよう自分の使用するボールの整理番号を覚えておいて下さい。他人の使用するボールで勝手に投球するのは、マナー違反となりますので気をつけましょう。



★ポイント1★
親指は根元まで入れて少しゆとりのあるボールを選びましょう。親指を指穴に入れて、回して下さい。その時に指が触れるか触れないかぐらいがちょうど良いサイズです。3つの穴の内、親指の穴が一番重要。穴が大きすぎると後ろへ落としたり、握りこんで指が痛くなりやすいです。逆に穴が小さいとボールが飛んでしまい、とても危険です。適度なサイズのボールを選びましょう。

¥

★ポイント2★
中指・薬指は第二関節まで入れて下さい。第二間接は少しきつめでもOK。つまみ持ちはボールの重さが倍増されて感じるので、しっかり指が入るボールを選びましょう。






★ポイント3★
手首を曲げず伸ばして振った時、体が前後にぶれるようだとちょっと重いです。体がぶれずに投球できる少し軽めがちょうどいい重さです。

次回は2月1日更新予定
【初心者レッスン編②】を予定しています。お楽しみに♪

ボウリング探検隊 Tankentai