BPAC Bowling Proprietors Association of Chiba

ホーム > ボウリング探検隊 > 初心者レッスン編③

ボウリング探検隊 Tankentai

ボウリング探検隊 Tankentai
千葉県ボウリング場協会が紙面として発行していた『BPACニュース』の人気コーナー『ボウリング探検隊』をWEB版として、第1回から順に毎月更新していきます。
ボウリング探検隊は、ボウリングに関する素朴な疑問や質問、裏方さんの仕事ぶりなどのあれこれを一味違った視点で「探検」します。
ボウリング探検隊

ボウリング探検隊 Vo.9 初心者レッスン編③

第9回目は初心者レッスン編③として、ルールとマナーをレクチャーします♪

日常生活を営むうえで、他人に迷惑をかけなという気配りは必要なことであり、どんなスポーツやゲームでも同じこと。ボウリングにも、これだけは知っておきたいというルールとマナーがあります。

ファールに注意
アプローチとレーンの境目には、ファールラインがあります。第3回目の探検隊でも触れましたが、ボールを投げる時にこのファールラインを越えてしまうのは危険です。ファールによりレーン上のオイルが靴底に付着し、アプローチまで運ばれてしまうのです。オイルが付着したままのシューズで投球すると、滑りにくくなり、つまづいて転んでしまうなどとても危険です。ルール上でもスコアはガターと同様で得点になりません。特に初心者はファールになりがちなので注意しましょう。

ファールに注意

投球は譲り合って
これからボールを持ってアプローチに入ろうとする時に、隣のレーンの人が投球準備に入っていたら、快く先を譲ってあげましょう。
左右のレーンと投球準備が同時のタイミングになってしまった場合は右側の人が優先となります。
ゲームに夢中になると、つい忘れがちになりますのでアプローチに上がる際には、必ず左右の確認を心掛けましょう。

投球は譲り合って

ロフトボールに注意
ボールはレーン上に投げて転がすもので、投げ落としてはいけません。放り投げ落とすことをロフトボールと言います。レーンをとても傷めますので気をつけましょう。

ロフトボールに注意

水分は苦手です
アプローチはオイルと同様に、水分が付くと極端に滑らなくなり非常に危険です。飲み物をこぼしたりした場合は、すぐにボウリング場のスタッフに声をかけ、きれいにしてもらいましょう。
また靴底が濡れてしまった場合は換えてもらいましょう。

水分は苦手です

次回は4月1日更新予定
【キッズアイテム】の探検を予定しています。お楽しみに♪

ボウリング探検隊 Tankentai