BPAC Bowling Proprietors Association of Chiba

ホーム > ボウリング探検隊 > 目指せ!中級者への道(プロショップ編)

ボウリング探検隊 Tankentai

ボウリング探検隊 Tankentai
千葉県ボウリング場協会が紙面として発行していた『BPACニュース』の人気コーナー『ボウリング探検隊』をWEB版として、第1回から順に毎月更新していきます。
ボウリング探検隊は、ボウリングに関する素朴な疑問や質問、裏方さんの仕事ぶりなどのあれこれを一味違った視点で「探検」します。
ボウリング探検隊

ボウリング探検隊 Vo.21 目指せ!中級者への道(プロショップ編)

第21回目は、プロショップを探検します♪

前回はプロショップにてマイボールを作る流れをご紹介しましたが、そもそもプロショップってどんなところなんでしょう?
今回はプロショップについて探検していきます。

ボウリング用品の販売
まず、外観から見ていきましょう。ボールがずらりと並んでいますね。一般的なお店が商品を並べて販売しているのと同じですね。おすすめ商品や人気商品を目立つ場所へ置くように、プロショップでも販売のメインであるボールやシューズを一番目の付く場所に置かれていることが多いようです。
その他、以前探検隊でご紹介した投球補助器具小物類なども販売しております。
ボウリング用品の販売

ドリル作業
プロショップの奥には、ボールに穴を開けるドリルマシンがあります。
ドリルマシンは写真からも分かるように色々なメーカー・機種があります。場合によっては自分のボールをドリルしてもらう時に、作業を見られるプロショップもありますよ。
計測したメジャーシート通りにボウリングボール専用の計測器を使い、ボールにマーキングして、手作業で穴を開けていきます。ボールは規格によってバランスが定められていますので、バランサーと呼ばれる「はかり」も必要不可欠です。
ドリル作業

相談窓口
プロショップは相談窓口でもあります。「指が痛くなる原因は?」「シューズの選び方は?」などボウリングに関する質問や相談に応じて、ドリラーやインストラクターがアドバイスしてくれます。

プロショップは、ほとんどがセンター内にありますが、単独でプロショップのみの店舗もあります。また、最近ではネットショップも増えてきていますが、初級者や中級者はドリラーと相談のうえで購入することをお勧め致します。

次回は7月1日更新予定です。お楽しみに♪

ボウリング探検隊 Tankentai