BPAC Bowling Proprietors Association of Chiba

ホーム > ボウリング探検隊 > プロボウラーのトレーニング(男子編)

ボウリング探検隊 Tankentai

ボウリング探検隊 Tankentai
千葉県ボウリング場協会が紙面として発行していた『BPACニュース』の人気コーナー『ボウリング探検隊』をWEB版として、第1回から順に毎月更新していきます。
ボウリング探検隊は、ボウリングに関する素朴な疑問や質問、裏方さんの仕事ぶりなどのあれこれを一味違った視点で「探検」します。
ボウリング探検隊

ボウリング探検隊 Vo.23 プロボウラーのトレーニング(男子編)

第23回目は、男子プロボウラーのトレーニングについて探検します♪

プロボウラーは普段どんな練習やケアをしているのでしょう?
今回はJPBA千葉支部の男子プロボウラーを中心に聞いてみました。

日常のトレーニング方法は?

・日常生活の中でトレーニングを取り入れてます。例えば、なるべく階段を利用するようにしたり、力仕事や作業をする時は、足の力を使うように意識しています。

・休日は下半身トレーニングの為、自転車で10~20km走ります。

・ウェイトトレーニングをしています。ジムのトレーナーにメニューを組んでもらい、その内容を週に3回程度行います。

・トーナメント中以外、トレーニング量は少ないですが、主に下半身を中心にスクワットや腹部周りの筋力強化をほぼ毎日行っています。その他、握力の強化等。

・エアロバイクを40分ぐらい。その他、腹筋・背筋・手首の強化を体調にあわせてトレーニング。

・ラジオ体操。
・ジョギング。歩幅を普段歩くよりも5cm~10cmぐらい広くすることにより、アキレス腱が強くなり体が軽く感じます。そしてできるだけ早く歩くようにしています。

・自転車。土踏まずの先にペダルを乗せて踏むようにしています。

・ストレッチのみです。

練習量と練習内容は?

・ボウリングは週4日、1日2時間。

・投げ方を試行錯誤している時でも、いろいろなライン取りで投球するように心がけています。

・ボウリングは週3~4日、1日2時間程度。ゲーム数はその時の投球ペースによるので、特に決めてはいません。

・練習内容は、その時に意識して直したい部分を中心に行います。

・反復練習がほとんどです。スコアはつけずに、週4日、1日1~2時間の練習。

・ボウリングは週に4日ぐらい、1日10ゲーム前後の投球。

・ボウリングは1日3~4ゲーム。

・スタンスドット(立つ位置)とスパットに気をつけて転がす。

・ボールの回転を目で追い、自分の投げる回転を早く知るように心掛けます。

・週5日は投げています。

体のケア方法は?(故障した際の処置を含む)

・風邪をひかないように、電車内や人ごみではマスクを着用しています。

・手洗い、うがいをこまめにする。

・足のむくみや疲れをとるために、暑くても毎日湯船につかりマッサージをしている。

・関節を中心に柔軟を良く行う。

・痛みがある時などは、早めに専門医に見てもらいます。故障の度合いにもよりますが練習量を減らしたり、練習メニューを変更したりします。

・2ヶ月に1回は整骨院等で体のケアをしています。背中回りをケガしやすいので、テーピングで保護しています。

・定期的にスポーツマッサージ。

・指を痛めた場合、手首をまわしたりすると余計に悪化させる事もあるので、なるべく休めるようにする。

・毎日のストレッチです。

試合前などの緊張をほぐす方法は?

・緊張するような場面では、「いっぱい練習したんだ!やれるんだ!」と心でつぶやきながら、アプローチへ立つようにしています。

・好きな音楽を聴く。

・「緊張している」ということを意識します。そうすると以外にほぐれていきます。

・睡眠不足だと頭が働かずにレーンアジャスト等が上手く出来ない為、トーナメント中は最低7時間睡眠を取るようにしています。

・投球の3時間前には起きて、シャワーを浴びる。

・出来るだけ周りの人に声を掛け、会話をつくる。

・ルーティーンを心掛けています。

2013年7月~8月の記述式アンケートを元に作成しています。
◎ご協力いただいたプロボウラー◎ (50音順。氏名掲載承諾プロ)
岩楯泰彦プロ・江村学プロ・佐藤剛プロ・庄司太郎プロ・長谷宏プロ・伏木克聡プロ

次回は11月1日更新予定です。お楽しみに♪

ボウリング探検隊 Tankentai