BPAC Bowling Proprietors Association of Chiba

ホーム > ボウリング探検隊 > プロトーナメントの決勝方式

ボウリング探検隊 Tankentai

ボウリング探検隊 Tankentai
千葉県ボウリング場協会が紙面として発行していた『BPACニュース』の人気コーナー『ボウリング探検隊』をWEB版として、第1回から順に毎月更新していきます。
ボウリング探検隊は、ボウリングに関する素朴な疑問や質問、裏方さんの仕事ぶりなどのあれこれを一味違った視点で「探検」します。
ボウリング探検隊

ボウリング探検隊 Vo.26 プロトーナメントの決勝方式

第26回目は、プロトーナメントの決勝方式について探検します♪

春からプロトーナメントの開催が増えてきますが、大会での決勝方式はいろいろとあります。今回は多種にわたる決勝方式をご紹介します。

トーナメント方式
各回戦とも勝ち上がり方式。各回戦の敗者はスコアの高い人が上位になります。
シード制を採用する場合もあり、シード選手は対戦回数が少なくなります。

【2013年の主なプロトーナメント】
●2013宮崎プロアマオープントーナメント
●ROUND1 JAPANCUP BOWLING 2013

ダブルイルミネーション方式
基本はトーナメント方式ですが、敗者復活があります。
勝者ゾーンと敗者ゾーンがあり、敗者は敗者ゾーンに回ります。
敗者ゾーンでの敗者はその時点で終了。
順位はその回戦でスコアの高い人が上位となります。

【2013年の主なプロトーナメント】
●第37回ABSジャパンオープンボウリング選手権

ステップラダー方式
プロのトーナメントで多く採用されている勝ち上がり方式です。
4名の決勝進出の場合、まず4位と3位の進出者で4位決定戦を行って敗者が4位となります。勝者は2位進出者と3位決定戦。敗者は3位で勝者は優勝決定戦に進みます。

【2013年の主なプロトーナメント】
●コカ・コーラカップ2013千葉オープンボウリングトーナメント
●JFEカップ2013千葉女子オープンボウリングトーナメント

シュートアウトステップラダー方式
ステップラダーと同様の勝ち上がり方式ですが、決勝進出者の数が増加する分、チャンスが多くなります。
決勝に7人が進出した場合、5~7位通過者が投球し最高得点者が勝ち上がります。
次に、3位・4位と先程の5~7位の進出者で対戦し同じように最高得点者が勝ち上がります。3位決定戦からはステップラダー方式と同じになります。

【2013年の主なプロトーナメント】(シュートアウト)
●中日杯2013東海オープンボウリングトーナメント
●中日杯2013東海女子オープンボウリングトーナメント

ラウンドロビン
ステップラダーなどの勝ち上がり方式前に実施していることが多く、ラウンドロビンの上位数名が最後の決勝に進みます。
ラウンドロビンは総当り戦で、主に8名から12名で対戦することが多いようです。
まず、本人以外の全員と対戦し、最後に順位ごとに対戦。(1位と2位、3位と4位、5位と6位・・・この順位対戦をポジションマッチと呼びます。)
対戦は基準点を設けてプラスやマイナスしたり、スコアの勝敗でポイントをつけたりします。

次回は5月1日更新予定です。お楽しみに♪

ボウリング探検隊 Tankentai